プロフィール

心理セラピスト 林やよいのプロフィール

【東京下町に5人兄弟の真ん中として誕生】

昭和35年1月に東京都荒川区南千住で生まれました。

母は結婚したら子供は5人欲しいと思っていたようです。

姉、兄、私と生まれたのですが兄と私の間は4年間あるのですが

その間に2人の胎児を流産したそうです。

だからようやく生まれた3人目に家族中が大喜びしてくれたと聞いています。

私が生まれた後は1年後に弟、3年後に妹が生まれました。

母は女、男、女、男、女と上手に産み分けしつつ予定通り5人の子供に恵まれました。

【自分の気持ちが表現できない】

当時、両親はメッキ業を営んでいました。親戚のお兄さんやお姉さんも

住み込みで仕事を手伝いに来ていたので

大家族の中でいるかいないのかわからない位に静かに育ちました。

元々、HSC(繊細な子ども)だったようです。

周囲の大人の感情を敏感に察知していました。

忙しそう・・ イライラしてる・・ 声をかけたいけど何かやってる・・

両親に甘えたい時に甘えることができずに自分の気持ちは

表に出さないまま育ってきました。

大人しくっていつも黙っているもんだから幼稚園でいじめに合いました。

整列している私の後ろの子が先生の「右、左、右、左‥」の掛け声に

合わせて足踏みしながら私のお尻に膝蹴りして来るのです。

いじめられたら「止めてっ」て言えばいいのに・・ 何も言えませんでした。

だからいじめはクラスが変わるまで毎日続きました。

自分の気持ちをどう伝えたらいいのかわかりませんでした。

【何の価値もない自分】

小学生になって通信簿にコメント欄に書かれる事はいつも決まっていました。

・大人しい

・引っ込み思案

・内気

・行動が遅い

その評価は 私は何の影響力もなくて、いてもいなくてもどっちでもいい人

何の価値もない自分という自己評価に繋がっていきました。

中学生の頃は無目的で「自分は何の為に生きているんだろう?」

「私には生きる価値があるのだろうか?」と答えの出ないぽわんとした気持ち

で受けたくもないテストに明け暮れていた気がします。

子供でも大人でもない中間の年齢 日々、気持ちはグラグラでした。

【自己主張は高校生から‥】

高校生になってからは学校が終わった後、アルバイトを始めました。

夜、結婚式場での宴会のウェイトレスです。

力仕事で疲れましたが働くことで得るお客様の笑顔と、

日払いの報酬が嬉しくって、暫く続けていました。

アルバイト疲れで学校を遅刻することも多く担任の先生に

目覚まし時計の数を増やすように指導されていました。

高校生になって身長が10cm以上伸びました。

身体の成長に合わせて心が成長したのはこの頃です。

この頃から少しずつ自己主張することを覚えていきました。

アルバイトで言語化して事情を話さないと自分がした行為の

意味は伝わらないんだとわかって来たからでした。

商業高校だったので周りの皆はほとんど大きな会社に

就職してOLになる道を選択していました。

でもOLは私には向かない‥ 何をしようと漠然と考えていました。

その頃、アルバイトで知り合った方が幼稚園の先生でした。

その方の話す幼稚園での出来事を聞いていると「うわぁー楽しそう🎶 

私、幼稚園の先生になる」と決めていました。

【心理学を学んだ喜びを感じる】

自転車で通える場所に保育の専門学校があるのがわかり

進路を幼稚園の先生から保育園の先生に変更しました。

専門学校では「児童心理学」や「保育心理学」等の心理学を学びました。

この時、とてつもない喜びが私の中に生まれたのです。

心を扱ったこんな学問があるなんて知らなかった💦

私はこういうことを学びたかったんだと全身で感じました。

保育学校を卒業した後、保育士として保育園の先生になりました。

OLの友達と比べると休みが少なくその割に給料も安いことに

多少の不満は有りましたが、それでも自分がやり

たかったことができている喜びの方が大きくやりがいもありました。

真っ白なキャンパスのような子供たちに毎日会えるのがとても楽しかったです。

保育園で働いていた頃、付き合っていた夫と結婚しました。

結婚後、平凡な暮らしを楽しんできたと思います。

でもずっとやってきたのが「心の探求」です。

40代になると無性に「心に関する仕事がしたい」と思うようになりました。

何をしたらいいのかわからないんだけど

私は心に関する仕事がしたいという魂からの叫びのようなものを

いつも感じていました。

子どもの頃から持っているHSP(細かなところまでものごとを深く

考える資質)がそう感じさせたのかも知れません

【ボディートークからカウンセリングに】

心に関する何をしたら良いかわからないまま50代になりました。

そして54歳でアメリカから来たボディートークという手法に出会うのです。

私達の内面の意識が作り出す心の症状や身体の症状を手首の筋肉や神経の反射

を通して「ハイとイイエ」で聞いて行きます。

そしてアンバランスになったエネルギーを調整する為に上、中、下の丹田(頭、胸、腹)

にタップをする流れで修復を促します。

例えば、肩にある傷を探すのに

「傷があるのはヘソから上?」「ハイ」

「更に傷があるのは左側?」「イイエ」

「傷があるのは右側?」「ハイ」

「傷があるのは右側の胸より上」「ハイ」

という風に範囲を段々絞って行き、

「胸」「肩」「腕」と聞いてハイになる肩の傷を探して行くのです。

そして肩の傷にリンクしている意識や感情を探すという手法なんです。

肩には責任感という意識があります。

肩の傷がなかなか治らないのは過剰な責任感が影響していると見ていきます。

過剰な責任感は家族から起因している等

家族との関わり方とも関係してくる訳です。

ボディートークをしていると

絡まった糸を解しているような出来事にちょくちょく遭遇しました。

心と身体に悩みを持ったクライアントに変化が起きて笑顔

になってもらえることが最高の喜びでした。

ボディートークをベースに他の手法も加わりましたが

セッション数は2000を超えています。

更に心に特化したカウンセリングの手法で学んだことで、

ど真ん中の心に関する仕事ができることに感謝しています。

言わなきゃいけないのに言えない

自分の気持ちがグラグラしている

自分は無力だ、何にもできない

と思いながら生きてきた私が今、

心に取り組んで変身しています。

受け身で時間と身体を人任せに してきた他人軸から

自分軸に変身することが出来ました。

こんな私だからこそ、ここまでお読みいただいたあなたのお力に

なれるかも知れない、心からの喜びを感じあいたいと思います。